дача берёза  ダーチャ・ベリョースカ

モスクワカヌが主宰する演劇ユニット【遊戯ヱペチカトランデ】の公式blogです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

遊戯ヱペチカトランデ 第弐回公演 Mademoiselle Guillotine ~マドモアゼル・ギロティーヌ~

遊戯ヱペチカトランデ 第弍回公演
新ロゴ縮小 
Musical
Mademoiselle Guillotine ~マドモアゼル・ギロティーヌ~

劇作:モスクワカヌ 演出:田中圭介 音楽:伊藤靖浩

フランス革命下のパリ。「ムッシュー・ド・パリ」と呼ばれるパリの死刑執行人アンリ・サンソンと、人の意思をもつ処刑具「マドモアゼル・ギロティーヌ」。
人を殺める宿命、人に愛されぬ運命。抗う二人と、革命に生きる人間達。
劇という遊戯の場、革命広場を模した劇場で展開される、華麗で陰惨なギロチン擬人化ミュージカル!


MGトリコロール縮小

出演
川畑亮
高橋エマ
佐伯静香
大日向裕実
郷田明倫
一色洋平
山田宏平

相澤愛歌/おかざきめぐみ/神﨑沙織/小口夏生/篠原彩花/白井諒子/
納田洸太/村田智哉子/山本桃子/吉岡亜沙美/リー・ジャクソン/和田裕太

井料瑠美(特別出演)


日程:2013年9月5日(木)~9日(月)
5(木)19:30
6(金)14:00/19:30
7(土)13:00/18:00
8(日)13:00/18:00
9(月)14:00

受付開始・開場は、開演の30分前

チケット:全席指定

2013年8月3日(土)10:00発売開始 

前売 S席6,000円・A席5,000円・高校生以下2,500円(要予約・学生証提示)
当日 6,500円(全席共通)



BUY1 GET1キャンペーン
前売券を8月10日(土)までにご購入いただいたお客様に、先着順の枚数限定でS席1枚分のお値段でS席のペアチケットを差し上げます!ご家族・ご友人と楽しいひとときをお過ごしください。
※メールのみでのお取り扱いです。「お名前・ふりがな・観劇希望回」をお送りください。各種割引との併用はできません。

【WEB予約】 
PC用 はこちら 携帯用はこちら
【カンフェティチケットセンター】 
http://confetti-web.com
【電話予約】
0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
・お席をご自身で選べます!
・ご予約の際、出演者名を選べます。
・予約後すぐ、お近くのセブンイレブンで発券できます。

【メール予約】 yugi.mw@gmail.com
・お名前・ふりがな・観劇希望回・枚数・券種をご明記ください。返信をもって予約完了となります。
・お席はお選びいただけません。

当日ロビーにてご精算いただく「とりおき」も可能です。以下のチケット予約フォームからお申込みください。
チケット予約フォーム


会場:日暮里d-倉庫<
〒116-0014 
荒川区東日暮里6-19-7-2F
03(5811)5399
JR山手線・京成線 日暮里駅南口より徒歩7分

アクセスMAPはこちらから。


スタッフ
振付:工藤美和子
照明:松本永
音響:島貫聡
Sound design:宮里豊
舞台美術:角田知穂
衣裳:中埜愛子
演出助手:元田暁子
宣伝美術:FRAN
Web制作:KAHORI
スチール写真:村山良
ビデオ制作:$堂

主催・企画製作:遊戯ヱペチカトランデ
〒231-0862 横浜市中区山手町76番地 Roseway Yamate205
mail:yugi.mw@gmail.com
HP:http://otogiyugi.web.fc2.com/top.html
協力(敬称略・順不同):
演劇集団 円/Fantasista?ish./DULL-COLORED POP/時間堂/Act JP
Entertainment/石井光三オフィス/エアーズロック/㈱グランドスラム/Theatre劇団子/スターダス・21/手力プロダクション/劇団テアトル・エコー/東宝芸能/MAMAGOTO/ミント・プロジェクト/山の手事情社


遊戯ヱペチカトランデ
劇作家モスクワカヌのソロユニットとして、2011年より活動しています。倫理の必要性がある全体の世界から、ちょっとはみ出した場所を目指して、主に歌と芝居の様式で、生きている「痛み」「哀しみ」を、カタルシスのある物語に錬金してゆくこと、を趣旨としています。
人が生きるということは、人との関わりの中で痛みつづけるということ。ならば虚構の力を借りて、放たれぬ叫びや押し殺された悲鳴を歌に、涙を硝子細工に、悲しい結末はおとぎ話の中だけに。劇という遊戯の場のなかで、生きること、痛み続けることを、物語として立ち上がらせてゆきます。
スポンサーサイト

| 遊戯 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://yugiepetikatorannde.blog.fc2.com/tb.php/72-b47911ab

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。